メイン

語源解説 アーカイブ

2016年03月14日

さやけしの意味

古語の世界には「さやけし」という言葉があります。

さやけしとはどういう意味を持つ言葉なのでしょうか。

万葉庭園の梅の花

さやけしを漢字に当てると、「明けし(さやけし)・清けし(さやけし)」といったニュアンスになります。

続きを読む "さやけしの意味" »

2015年03月30日

桜始開

春分の次候を桜始開(さくらはじめてひらく)と言います。

七十二候(しちじゅうにこう)の十一候に当たり、桜の花が咲き始める頃を意味します。

桜

続きを読む "桜始開" »

2015年02月10日

芒種とは

芒種(ぼうしゅ)とは、季節を表す二十四節気の九節気に当たる言葉です。

芒(のぎ)のある穀物の種蒔きの頃を表します。芒(のぎ)とは、イネ科の植物の花の外殻にある針のような突起のことで、穂のある穀物と言い換えることもできます。

紫陽花

続きを読む "芒種とは" »

2014年04月25日

芋洗地蔵

地名に残される一口(いもあらい)や芋洗い(いもあらい)は、

どちらも疱瘡を意味するイモに由来しています。

芋洗地蔵

続きを読む "芋洗地蔵" »

2013年10月06日

イラの名前の由来

イラというベラ科の魚がいます。

色鮮やかな模様をした魚が多いベラ科の中にあっては、やや地味目の魚です。柔らかい白身で、主に味噌漬けやちり鍋などに用いられます。

イラ

続きを読む "イラの名前の由来" »

2013年09月24日

アワビの名前の由来

アワビという名前は、「貝殻と合わない身」に由来しています。

貝殻と合わない身とは、一体何を意味しているのか?ご存知のようにアワビは、巻貝の仲間であるにも関わらず、その貝殻の形状は巻き込んでいません。二枚貝の片方が無く、身が貝殻からはみ出ているようにも見えます。

アワビ

続きを読む "アワビの名前の由来" »

2013年07月03日

番(つがい)の意味

番(つがい)とは「番ふ」の連用形名詞で、一対になったものを言い表します。

「番(つが)ふ」は古語にも見られ、元来は「継ぎ合ふ」を意味しています。

つがいの鳥

続きを読む "番(つがい)の意味" »

2013年05月02日

リムジンの語源

ブライダルシーンなどではお馴染みのリムジン。

リムジンはフランス語に端を発する言葉で、元は馬車の型式の一つを意味していました。御者と客室の間に仕切りのある馬車をリムジンと言っていたのです。

リムジン

続きを読む "リムジンの語源" »

2013年03月26日

ランドセルの語源

小学一年生の象徴でもあるランドセル。

ランドセルの語源は、オランダ語の背嚢(はいのう)を意味する ransel (ランセル)に由来します。軍事用語の背嚢に端を発していたとはちょっと意外な事実です。

ランドセルのお守り

続きを読む "ランドセルの語源" »

2012年09月06日

祈るの語源

「祈る」という言葉の語源はどこにあるのでしょうか?

祈るの「い」は接頭語で、「のる」は古語の「宣る(のる)」を意味しています。

祈る 救世船乗観音

続きを読む "祈るの語源" »

2012年08月15日

ラピートとは

関西空港行きの南海電鉄特急ラピート。

ラピートとは、「速い」という意味のドイツ語です。

大阪ミナミの難波と関西国際空港を最短で結ぶ空港特急。ネーミングに当たって一般公募が行われ、32,000通もの応募の中から選ばれました。

ラピート 南海電鉄の特急

続きを読む "ラピートとは" »

2012年08月04日

蜻蛉洲 あきづしま

蜻蛉洲(あきづしま)とは大和、または日本の別称です。

蜻蛉洲の漢字表記には蜻蛉島、秋津洲、秋津島などもあります。あきづしまの由来をご案内致します。

蜻蛉洲 あきづしま 蜻蛉の滝

続きを読む "蜻蛉洲 あきづしま" »

2012年07月31日

おんぱら祭

奈良の大神神社の摂社・綱越神社に於いて催される「おんぱら祭」。

花火が盛大に上がる夏祭りとして知られますが、おんぱら祭の名前の由来はどこにあるのでしょうか?

おんぱら祭

続きを読む "おんぱら祭" »

2012年07月05日

お中元の由来

お中元は中国の三元という神様を奉る慣習に由来します。

上元1月15日、中元7月15日、下元10月15日の内、中元だけが日本のお盆の行事と重なり、定着していったと伝えられます。

続きを読む "お中元の由来" »

2012年07月02日

魚の由来は酒菜

魚の由来を辿ると、その語源が「酒菜(さかな)」にあることが分かります。

酒のつまみとして魚が食べられていたんですね。

魚の由来 魚の語源 酒菜

続きを読む "魚の由来は酒菜" »

2012年06月29日

胡麻のことわざ

胡麻にまつわる諺に「ごまかす」があります。

胡麻化す(ごまかす)の語源はどこにあるのでしょうか?

胡麻

続きを読む "胡麻のことわざ" »

2012年06月27日

鬼の由来

鬼の歴史を紐解くと、人に禍をもたらす目に見えない隠れた者が 鬼(隠オニ)と呼ばれていたことが分かります。英語に翻訳するなら、demon ということになるでしょうか。

鬼

続きを読む "鬼の由来" »

2012年06月26日

早乙女の語源

早乙女とは、陰暦の5月に田植えをする少女のことを言います。

早乙女(さおとめ)の「さ」は接頭語で、稲の神を意味します。

早乙女

続きを読む "早乙女の語源" »

2012年06月25日

ベーゴマの語源

ベーゴマの語源はどこからきているのでしょうか?

子供の遊び道具として知られるベーゴマですが、その由来は巻貝のバイ貝にあるんです。

バイ貝 ばい貝

続きを読む "ベーゴマの語源" »

2012年06月23日

お経の語源

お経の語源は織物の縦糸(たていと)にあります。

縦糸が真っすぐ続いているところから、筋道を示し、仏の教えである真理を表すようになりました。

お経

続きを読む "お経の語源" »

でたらめの語源

でたらめ(出鱈目)の語源はサイコロに由来します。

英語では random や nonsense に当たるデタラメという言葉ですが、「出たら」に「目」を加えたのが語源です。

サイコロ さいころ

続きを読む "でたらめの語源" »

2012年06月14日

薔薇の語源

薔薇の語源は「茨(いばら)の花」にあります。

棘のある低木類を総称して茨(いばら)と言います。

薔薇 バラ ばら

続きを読む "薔薇の語源" »

2012年06月13日

睡蓮の語源

睡蓮(スイレン)の語源は、「睡(ねむる)蓮(はす)」に由来します。

そう、睡蓮は眠る花なのです。

睡蓮

続きを読む "睡蓮の語源" »

2012年06月07日

勧請とは

勧請とは、元々は仏に永住を請い願うことを意味していました。

仏教の言葉であった「勧請」が、いつしか神道の世界でも使われるようになっていきました。

勧請

続きを読む "勧請とは" »

2012年06月04日

山の辺の道の由来

奈良のウォーキングコースとして人気の山の辺の道。

三輪山山麓から奈良に至るまでの約30㎞に及ぶ散策路を「山の辺の道」と呼んでいますが、その名前の由来はどこにあるのでしょうか?

山の辺の道

続きを読む "山の辺の道の由来" »

2012年05月29日

うしはく

うしはくとは、神道における古語で「支配する、領知する」という意味を表します。

漢字で書けば、「領(うしは)く」となります。

うしはく 領く

続きを読む "うしはく" »

2012年04月29日

鰹のタタキ

鰹のタタキの語源はどこにあるのでしょう?

鰹のタタキ かつおのタタキ 鰹のたたき

続きを読む "鰹のタタキ" »

2010年11月26日

またぞろの語源

またぞろの語源は「又候」。

副詞の「また」と「そうろう」に由来しています。

またぞろの語源

続きを読む "またぞろの語源" »

2010年09月25日

担保を必要とした結婚の歴史

ウェディングドレスにウェディングケーキ、華やかなイメージのあるウェディングという言葉ですが、その由来はどこから来ているのでしょうか?

ウェディングドレス

続きを読む "担保を必要とした結婚の歴史" »

引き出物の語源

引き出物の語源は馬に由来します。

結婚式のときに参列者に贈る引き出物。

平安時代には馬は貴重な生活必需品でした。庭に馬を引き出して、贈り物としてプレゼントした歴史にちなみます。

引き出物 馬

続きを読む "引き出物の語源" »

最近のエントリー

アーカイブ

言葉講座資格コレクション

料理資格と通信講座ガイド

twitter facebook

Facebook サイト管理人

Powered by
Movable Type 3.34

About 語源解説

ブログ「意味とはフレーズ表現辞典」のカテゴリ「語源解説」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは英語翻訳です。

次のカテゴリは魚の名前図鑑です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34