« 睡蓮の語源 | メイン | 如意宝珠とは »

薔薇の語源

薔薇の語源は「茨(いばら)の花」にあります。

棘のある低木類を総称して茨(いばら)と言います。

薔薇 バラ ばら

古語辞典を紐解いてみると、茨(うばら)、茨(むばら)とも記されています。

薔薇という言葉は、「いばら、うばら、むばら」からイ・ウ・ム音がそれぞれ脱落して生まれました。万葉集などの上代の東国方言では、「うまら」とも発音します。

中国語では「薔薇(しょうび)」と言います。明治時代の文学では使われていましたが、現在はほとんど使いません。

薔薇のルーツは茨(いばら)にあったんですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

「意味とはフレーズ表現辞典」は奈良の宿大正楼が運営しております。

日本語、英語、語源などの魅力をご案内致します。

Copyright © 2010-2016
意味とはフレーズ表現辞典 All rights reserved.

※写真の無断転載はご遠慮下さいますよう、お願い申し上げます。

アーカイブ

言葉講座資格コレクション

料理資格と通信講座ガイド

twitter facebook

Facebook サイト管理人

Powered by
Movable Type 3.34
About

2012年06月14日 07:36に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「睡蓮の語源」です。

次の投稿は「如意宝珠とは」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。