« 産卵期はspawning season | メイン | 勝利の象徴パルムドール »

芒種とは

芒種(ぼうしゅ)とは、季節を表す二十四節気の九節気に当たる言葉です。

芒(のぎ)のある穀物の種蒔きの頃を表します。芒(のぎ)とは、イネ科の植物の花の外殻にある針のような突起のことで、穂のある穀物と言い換えることもできます。

紫陽花

芒種の頃の花と言えば、七変化の花模様を見せる紫陽花です。

播種(はしゅ)、種おろしとも呼ばれる芒種。新暦でいえば、6月6日~20日頃を指します。

五日に一度風が吹き、十日に一度雨が降る五風十雨の季節を表します。農作業には都合のいい天候で、世の中が安泰であることの例えにも使われます。

芒種の初候を「蟷螂生(かまきりしょうず)」、次候を「腐草為蛍(ふそうほたるとなる)」、末候を「梅子黄(うめのみきなり)」と言います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

「意味とはフレーズ表現辞典」は奈良の宿大正楼が運営しております。

日本語、英語、語源などの魅力をご案内致します。

Copyright © 2010-2016
意味とはフレーズ表現辞典 All rights reserved.

※写真の無断転載はご遠慮下さいますよう、お願い申し上げます。

アーカイブ

言葉講座資格コレクション

料理資格と通信講座ガイド

twitter facebook

Facebook サイト管理人

Powered by
Movable Type 3.34
About

2015年02月10日 11:22に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「産卵期はspawning season」です。

次の投稿は「勝利の象徴パルムドール」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。