« 蝶尾とは | メイン | レドームって »

奈良絵とは

奈良絵とは、奈良絵本に描かれた絵のことで、華麗なタッチの挿絵を入れた絵本として知られます。

奈良の伝統工芸品である赤膚焼は、茶碗などにこの奈良絵を絵付けしたものです。

奈良絵 赤膚焼

奈良絵。

絵本の内容は、御伽草子(おとぎぞうし)を主とし、金泥(きんでい)・銀泥を用いた細密華麗な描写のものもあります。

奈良絵は横長の巻本に、寺社の縁起や因果物の説話を絵で書き表しています。それを字の読めない信者に見せながら説明したと伝えられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

「意味とはフレーズ表現辞典」は奈良の宿大正楼が運営しております。

日本語、英語、語源などの魅力をご案内致します。

Copyright © 2010-2016
意味とはフレーズ表現辞典 All rights reserved.

※写真の無断転載はご遠慮下さいますよう、お願い申し上げます。

アーカイブ

言葉講座資格コレクション

料理資格と通信講座ガイド

twitter facebook

Facebook サイト管理人

Powered by
Movable Type 3.34
About

2012年08月21日 13:33に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「蝶尾とは」です。

次の投稿は「レドームって」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。