« 目がちかちかするチカ画 | メイン | 諸悪莫作とは »

犬矢来とは

犬矢来とは、京都の町屋などにある軒下の防護柵のようなものを指します。

犬矢来(いぬやらい)の由来は犬の放尿除けにある、とよく言われますが、生活に根差した実用性も高く、泥棒除けや道路との境界線の役目も果たしているようです。

犬矢来 いぬやらい

カーブを描いた犬矢来。

犬矢来には可動式のものも多く、必要のない時は家の中にしまっておくことも出来ます。

犬矢来 いぬやらい

こちらは直線のラインが美しい犬矢来。

昔から犬は家の軒下をタッタッターと走って行ったものです(笑)

「犬走り」という名前がちゃんとあるようですが、なるほどなと頷けます。

日本古来の町屋風情を映し出す犬矢来。

古い町並みの景観にも見事に溶け込んでいます。

一文字瓦 ちょっと贅沢な瓦をご案内!

このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

「意味とはフレーズ表現辞典」は奈良の宿大正楼が運営しております。

日本語、英語、語源などの魅力をご案内致します。

Copyright © 2010-2016
意味とはフレーズ表現辞典 All rights reserved.

※写真の無断転載はご遠慮下さいますよう、お願い申し上げます。

アーカイブ

言葉講座資格コレクション

料理資格と通信講座ガイド

twitter facebook

Facebook サイト管理人

Powered by
Movable Type 3.34
About

2010年12月25日 12:09に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「目がちかちかするチカ画」です。

次の投稿は「諸悪莫作とは」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。