« アワビの名前の由来 | メイン | 彼岸花の花言葉 »

ビーツとは

ロシア料理のボルシチで知られる野菜のビーツ。

ビーツはテンサイの変種で、フランス語では betterave (ベトラーヴ)と言います。

ビーツ

濃い赤色が印象的なビーツ。

皮をむいて大根と一緒に煮ると、見事に大根が赤色に染まります。

ビーツの断面

ビーツの断面。

実に綺麗な模様が入っています。

食べる箇所は芯まで濃い赤色をした根っこの部分です。カットして調理すると色が流れ出るため、皮付きのままで茹でることが多いのですが、今回は敢えてカッティングしてみました。

ビーツの酢漬けなどは定番の料理として知られますよね。

ビーツ

皮をむいただけでも、包丁を持った手にビーツの色が付いてしまいます。

食紅などで食材を赤く染めることはよくありますが、ビーツを使えば簡単に染め上げることができます。テンサイの変種であるビーツですが、スーパーの野菜売り場などで見つけたら購入してみてはいかがでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

「意味とはフレーズ表現辞典」は奈良の宿大正楼が運営しております。

日本語、英語、語源などの魅力をご案内致します。

Copyright © 2010-2016
意味とはフレーズ表現辞典 All rights reserved.

※写真の無断転載はご遠慮下さいますよう、お願い申し上げます。

アーカイブ

言葉講座資格コレクション

料理資格と通信講座ガイド

twitter facebook

Facebook サイト管理人

Powered by
Movable Type 3.34
About

2013年09月25日 11:43に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「アワビの名前の由来」です。

次の投稿は「彼岸花の花言葉」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。