« 富貴草(フッキソウ) | メイン | プチヴェール »

馬酔木とは

馬酔木(あせび)とは、各地に自生するツツジ科の常緑灌木の名前です。

春になると、壷形の小さな白い花を咲かせることで知られます。

馬酔木 あせび あしび

馬酔木(あせび)。

読み方には色々あって、アシビ、アセボなどと言うこともあります。

常緑の葉には毒素が含まれており、これを食べれば中毒症状に陥ると言われています。葉を煎じた汁は、殺虫剤や皮膚病の薬として利用されています。

あしび あせび

とても可愛らしい花を咲かせます。

小さな白いベルが多数ぶら下がったような格好をしています。まるで教会の結婚式におけるウェディングベルの連打を想像させます(笑)

馬酔木の材は大変堅く、薪炭材や細工物として利用されます。

「毒柴」という別名もあり、あせびの特性をよく表していますね。

畑の境目を表すために馬酔木を植えた馬酔木境(あせびぎり)という植え込みがありますが、これは風除けや土止めの用途のために作られています。猪などによる農業被害を予防するための田畑の外囲いとしても役立っています。

牛馬があせびの葉を食べて麻痺症状を引き起こすと言われるぐらいですから、猪とて同じことなのかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

「意味とはフレーズ表現辞典」は奈良の宿大正楼が運営しております。

日本語、英語、語源などの魅力をご案内致します。

Copyright © 2010-2016
意味とはフレーズ表現辞典 All rights reserved.

※写真の無断転載はご遠慮下さいますよう、お願い申し上げます。

アーカイブ

言葉講座資格コレクション

料理資格と通信講座ガイド

twitter facebook

Facebook サイト管理人

Powered by
Movable Type 3.34
About

2013年03月25日 12:01に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「富貴草(フッキソウ)」です。

次の投稿は「プチヴェール」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。