« 空港行きバスを予約する時の英会話 | メイン | 六月無礼 »

苦土石灰とは

苦土石灰とはマグネシウムを含む石灰質肥料のこと。

土壌を良くするための材料として使われ、雨が多く酸性に傾きがちな日本の土壌を中性から弱酸性にするための中和剤として使われます。

苦土石灰

苦土石灰(くどせっかい)。

苦土石灰は植え付けの1週間前までにまくのがおすすめです。

野菜の多くは弱酸性の土を好みます。

苦土石灰をまく必要のある野菜としては、ほうれん草・タマネギ・枝豆・エンドウ・ネギ・インゲンなどが挙げられます。

土の酸度調節、有機物の分解促進に効果があり、日本の農業や園芸に多大な貢献をしている肥料として知られます。ちなみに、苦土とは酸化マグネシウムの通称です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

「意味とはフレーズ表現辞典」は奈良の宿大正楼が運営しております。

日本語、英語、語源などの魅力をご案内致します。

Copyright © 2010-2016
意味とはフレーズ表現辞典 All rights reserved.

※写真の無断転載はご遠慮下さいますよう、お願い申し上げます。

アーカイブ

言葉講座資格コレクション

料理資格と通信講座ガイド

twitter facebook

Facebook サイト管理人

Powered by
Movable Type 3.34
About

2012年06月19日 12:51に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「空港行きバスを予約する時の英会話」です。

次の投稿は「六月無礼」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。