« 六月無礼 | メイン | お木曳車 »

三枝(さきくさ)

三枝(さきくさ)とは茎が3つに分かれて花を付け、吉兆を示す植物として尊ばれたミツマタや山百合などのことを言います。

三枝 ささゆり

三枝(さきくさ)は幸草(さきくさ)の意味。

ササユリの別名を三枝(さいぐさ)と言いますが、「サイグサ」は「幸草(サキクサ)」の音便変化です。古語の世界では、「さち・さいわい」を表す「幸」の読み方は「さき」となります。

三枝は枕詞としても使われ、「三枝の」の後には「三つ」「中(なか)」などの言葉が続きます。

三枝は縁起の良い植物なんですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

「意味とはフレーズ表現辞典」は奈良の宿大正楼が運営しております。

日本語、英語、語源などの魅力をご案内致します。

Copyright © 2010-2016
意味とはフレーズ表現辞典 All rights reserved.

※写真の無断転載はご遠慮下さいますよう、お願い申し上げます。

アーカイブ

言葉講座資格コレクション

料理資格と通信講座ガイド

twitter facebook

Facebook サイト管理人

Powered by
Movable Type 3.34
About

2012年06月20日 08:45に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「六月無礼」です。

次の投稿は「お木曳車」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。