« お守りの英語翻訳 | メイン | 美称のくまがし »

輪宝とは

輪宝とは車輪の形をした古代インドの武器のことで、インド理想の王「転輪聖王(てんりんじょうおう)」が持っていた七宝の一つとされます。

輪宝

仏教と共に日本に渡って来た輪宝(りんぽう)。

輪宝は仏教に採り入れられ、王の行く所に先行して四方を制すると伝えられました。輪宝は法輪とも言われ、仏が法輪を転がしてゆくのは、転輪聖王が輪宝を転がすのに等しいとされます。

輪宝を転がすことは、障害となるものを破壊し、心の中の邪悪なものを壊してしまうことを意味します。

奈良の不退寺の歴史を辿れば、衆生済度のために「法輪を転じて退かず」と発願され、不退転法輪寺と号された由緒に行き着きます。

輪宝はまた、家紋の中の尚武紋にもよく見られます。

車輪の中央から剣の形をしたものが3~8個外へ向かってデザインされています。剣の数によって、三剣輪法、六剣輪宝、八剣輪宝などと呼ばれています。

余談になりますが、家紋を英語に訳すと family crest でしたね。

crest は鳥のトサカを意味する単語です(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

「意味とはフレーズ表現辞典」は奈良の宿大正楼が運営しております。

日本語、英語、語源などの魅力をご案内致します。

Copyright © 2010-2016
意味とはフレーズ表現辞典 All rights reserved.

※写真の無断転載はご遠慮下さいますよう、お願い申し上げます。

アーカイブ

言葉講座資格コレクション

料理資格と通信講座ガイド

twitter facebook

Facebook サイト管理人

Powered by
Movable Type 3.34
About

2012年06月28日 12:20に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「お守りの英語翻訳」です。

次の投稿は「美称のくまがし」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。