« 微調整を繰り返すスパイラルクライム | メイン | 目がちかちかするチカ画 »

矢羽根模様

古い町並みを歩いていると、ふと縁起の良い矢羽根模様が目に入りました。

矢羽根模様 矢がすり 矢絣

歴史的な佇まいを見せる古民家。

見事な矢羽根模様ですね。

矢絣(やがすり)とも言いますが、江戸時代の結婚の際には、花嫁に矢絣の着物を持たせる風習がありました。

射た矢は戻ってこない。

出戻りを忌み嫌うことに由来する縁起柄なんですね。

昨今ではミサンガやロールケーキに矢羽根模様を見ることはありますが、建物の軒先で矢羽根模様に出くわすとは・・・ちょっぴり縁起の良い一日でした(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

「意味とはフレーズ表現辞典」は奈良の宿大正楼が運営しております。

日本語、英語、語源などの魅力をご案内致します。

Copyright © 2010-2016
意味とはフレーズ表現辞典 All rights reserved.

※写真の無断転載はご遠慮下さいますよう、お願い申し上げます。

アーカイブ

言葉講座資格コレクション

料理資格と通信講座ガイド

twitter facebook

Facebook サイト管理人

Powered by
Movable Type 3.34
About

2010年12月10日 08:38に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「微調整を繰り返すスパイラルクライム」です。

次の投稿は「目がちかちかするチカ画」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。