« 場所取りご法度を意味する三脚禁止 | メイン | 微調整を繰り返すスパイラルクライム »

脚下照顧

禅寺でよく耳にする言葉です。

脚下照顧(きゃっかしょうこ)とは、足元に気を付けよという意味ですが、自己反省を促す意味深な言葉として定着しています。

脚下照顧

まずは足元から。

脚下照顧にはそんな願いが込められています。

基本に忠実たれ、履物を揃えれば心も揃う・・・そんなニュアンスが伝わって参ります。

大リーグマリナーズのイチロー選手は、事あるごとに基本に返ることを心掛けているようですが、私たちとて同じことではないでしょうか。

足下の常識という言葉をご紹介しましたが、次なる段階にステップアップするためにも、脚下照顧の姿勢を保ち続けることはとても大切なことだと感じます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

「意味とはフレーズ表現辞典」は奈良の宿大正楼が運営しております。

日本語、英語、語源などの魅力をご案内致します。

Copyright © 2010-2016
意味とはフレーズ表現辞典 All rights reserved.

※写真の無断転載はご遠慮下さいますよう、お願い申し上げます。

アーカイブ

言葉講座資格コレクション

料理資格と通信講座ガイド

twitter facebook

Facebook サイト管理人

Powered by
Movable Type 3.34
About

2010年12月07日 10:45に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「場所取りご法度を意味する三脚禁止」です。

次の投稿は「微調整を繰り返すスパイラルクライム」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。