« 田舎暮らしと家族の説得 | メイン | 未来コンパス »

連子窓

茶室やお寺などでよく見かける窓。

モノの名前が浮かんできません(笑)

連子窓

昔の建築物を見てみると、窓の形が現代とは違うことに気付かされます。

この窓の名前を 連子窓 といいます。

読み方は「れんじまど」。

方形または菱形の断面をした棒状の材が並べられています。

連子窓の歴史を辿れば、最初の頃は棒状の材である連子子(れんじこ)の間隔が広かったようです。徐々に狭くなっていったと言われています。

写真の連子窓は間隔が非常に狭いので、いわゆる盲連子(めくられんじ)に近いものがありますね。

連子窓とは、これを機会に覚えておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

「意味とはフレーズ表現辞典」は奈良の宿大正楼が運営しております。

日本語、英語、語源などの魅力をご案内致します。

Copyright © 2010-2016
意味とはフレーズ表現辞典 All rights reserved.

※写真の無断転載はご遠慮下さいますよう、お願い申し上げます。

アーカイブ

言葉講座資格コレクション

料理資格と通信講座ガイド

twitter facebook

Facebook サイト管理人

Powered by
Movable Type 3.34
About

2010年07月08日 09:27に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「田舎暮らしと家族の説得」です。

次の投稿は「未来コンパス」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。