« 口福 | メイン | 田舎暮らしと家族の説得 »

戻る橋を焼かれる

裏切られた~!

そんな感じでしょうか。

ワナにはめられ、出し抜かれ、スッパ抜かれ・・・挙句の果ては帰りたくても帰れない。

戻る橋を焼かれる

橋を渡る。

普段の生活では、そんなに勇気の要ることではありません。

何か事を起こそうとする時、変化を求めて人は危ない橋でも渡ろうとします。

渡り切ったはいいものの、その戻る橋を焼かれてしまっては元も子もありません。

戻る橋を焼かれる。

梯子(はしご)を外される。

くれぐれもそういう事のないよう、橋を渡る際には十分な備えを。

このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

「意味とはフレーズ表現辞典」は奈良の宿大正楼が運営しております。

日本語、英語、語源などの魅力をご案内致します。

Copyright © 2010-2016
意味とはフレーズ表現辞典 All rights reserved.

※写真の無断転載はご遠慮下さいますよう、お願い申し上げます。

アーカイブ

言葉講座資格コレクション

料理資格と通信講座ガイド

twitter facebook

Facebook サイト管理人

Powered by
Movable Type 3.34
About

2010年07月07日 17:50に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「口福」です。

次の投稿は「田舎暮らしと家族の説得」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。