« 外国人接遇 インバウンド | メイン | 夏の消費を押し上げる夏得というキーワード »

世襲への食傷

またか・・・もういいよ!

食傷とは同じ物事に度々接して飽きることを意味します。

政治家の世襲への食傷は、国民の間に広く浸透しています。

前原誠司議員

民主党の前原誠司議員。

そういう意味では、少なくとも前原議員は世襲ではありません。

中学生の時に父親が自殺したことを告白し、母子家庭で苦労してこられたという話を伺ったことがあります。

食傷(しょくしょう)という言葉には、「食あたり、食べ飽きること」などの意味もあります。

夏のイメージが強い選挙戦。

世襲への食傷は、どこか食あたりを連想させます(笑)

親の七光りを残さないことも、子に対する大切な親の役目なのではないでしょうか。

鳶が鷹を生む。

大いに可能性はあるのですから。

このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

「意味とはフレーズ表現辞典」は奈良の宿大正楼が運営しております。

日本語、英語、語源などの魅力をご案内致します。

Copyright © 2010-2016
意味とはフレーズ表現辞典 All rights reserved.

※写真の無断転載はご遠慮下さいますよう、お願い申し上げます。

アーカイブ

言葉講座資格コレクション

料理資格と通信講座ガイド

twitter facebook

Facebook サイト管理人

Powered by
Movable Type 3.34
About

2010年07月07日 11:02に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「外国人接遇 インバウンド」です。

次の投稿は「夏の消費を押し上げる夏得というキーワード」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。