« チョコレートコスモスの花言葉 | メイン | 蛇瓜とは »

カニバリゼーションとは

ローコストキャリアとレガシーキャリアはカニバリゼーションしない。

躍進を続ける格安航空会社のLCC(Low Cost Carrier)。関西に拠点を置くピーチアビエーションの業績が好調のようですが、従来型の航空会社であるレガシーキャリアの旅客を奪うまでには至っていないようです。

LCCとFSA

関西空港で離発着するジェットスターとANA。

LCCは新規顧客開拓を通じて、航空市場全体の規模を拡大することに貢献しています。既存の客を奪い合うというよりは、新たな市場の開拓に成功しているのです。

カニバリゼーションという言葉はマーケティング用語として使われます。自社の複数の商品やサービス、ブランドなどが互いに競合してシェアを侵食し合う現象のことを言います。

JAL商品

元来、英語の cannibalize(カニバライズ)の意味は以下のようになります。

  • 人肉を食べる、共食いする
  • (廃品部品を利用して他の機械を)修理する、組み立てる
  • (他の機械の修理のために部品を)取り外す

廃品を利用した修理、それがカニバリゼーションということになります。

なんだかエコと言うか、前向きなニュアンスの感じられる言葉ではないでしょうか。それがいつの間にか、シェアの奪い合いを意味するカニバリゼーションに変わっていったようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

「意味とはフレーズ表現辞典」は奈良の宿大正楼が運営しております。

日本語、英語、語源などの魅力をご案内致します。

Copyright © 2010-2016
意味とはフレーズ表現辞典 All rights reserved.

※写真の無断転載はご遠慮下さいますよう、お願い申し上げます。

アーカイブ

言葉講座資格コレクション

料理資格と通信講座ガイド

twitter facebook

Facebook サイト管理人

Powered by
Movable Type 3.34
About

2013年09月24日 10:03に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「チョコレートコスモスの花言葉」です。

次の投稿は「蛇瓜とは」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。