« 紫陽花の静香 | メイン | 及ばぬ鯉の滝登り »

レブパーとは

レブパーとは「Revenue Per Available Rooms」の略で、客室収入を客室総数で割った指標のことを意味します。従来の客室稼働率では割り出せない、ホテル経営の重要な物差しとなっています。

レブパーとは ホテル経営

レブパー(RevPAR)は、ホテル業界の国際的な会計基準である「ユニフォーム会計システム」が日本に普及し出した頃に広く使われるようになりました。

宿泊施設の地域情報交換会の現状を見てみると、東京ホテル会などでは加盟100軒の月次レブパーを公開するなどして、順位付けによる互いの競争心を煽っています。

平日と週末の宿泊料金が違う、GWなどの特異日は料金が釣り上げられる、従来の客室をエステルームに改装する等のことは当たり前になって参りました。単純に客室稼働率だけでは、ホテル経営の状態を把握できなくなっていたのです。

そこで、レブパーの登場というわけですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

「意味とはフレーズ表現辞典」は奈良の宿大正楼が運営しております。

日本語、英語、語源などの魅力をご案内致します。

Copyright © 2010-2016
意味とはフレーズ表現辞典 All rights reserved.

※写真の無断転載はご遠慮下さいますよう、お願い申し上げます。

アーカイブ

言葉講座資格コレクション

料理資格と通信講座ガイド

twitter facebook

Facebook サイト管理人

Powered by
Movable Type 3.34
About

2012年06月12日 09:12に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「紫陽花の静香」です。

次の投稿は「及ばぬ鯉の滝登り」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。