« 及ばぬ鯉の滝登り | メイン | 睡蓮の語源 »

合縁奇縁

合縁奇縁とは人と人との間が和合するしないは、みな不思議な縁によるものだという意味です。縁は異なもの、といったところでしょうか。

合縁奇縁

出雲の神の縁結び。

今も縁結びの神様として全国的に知られる出雲大社。

結婚は出雲大社の神様が男女を結びつけるものであり、人間の意志をはるかに超えたものであるとも言われます。合縁奇縁は出雲の神が演出しているのでしょうか。

永遠の赤い糸の先は、出雲大社の神様の思し召しなのでしょうか。

理想の結婚相手を探しながらも、落ち着くところに落ち着くのが結婚なのかもしれませんね。

四字熟語の合縁奇縁、是非覚えておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

「意味とはフレーズ表現辞典」は奈良の宿大正楼が運営しております。

日本語、英語、語源などの魅力をご案内致します。

Copyright © 2010-2016
意味とはフレーズ表現辞典 All rights reserved.

※写真の無断転載はご遠慮下さいますよう、お願い申し上げます。

アーカイブ

言葉講座資格コレクション

料理資格と通信講座ガイド

twitter facebook

Facebook サイト管理人

Powered by
Movable Type 3.34
About

2012年06月13日 09:44に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「及ばぬ鯉の滝登り」です。

次の投稿は「睡蓮の語源」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。