« 金華ぎん | メイン | オオサンショウウオ »

一日千秋

一日千秋とは、一日が千年のように非常に長く思われることの例えです。

とても待ち遠しい、そんな想いを経て一緒になる二人。結婚披露宴のスピーチでも、一日千秋(いちじつせんしゅう)という四字熟語はよく使われます。

一日千秋 披露宴会場

一日千秋は耳慣れた言葉としてよく知られますが、似た意味の四字熟語に一日三秋(いちじつさんしゅう)という言葉があります。

「一日三秋」も非常に待ち遠しく思うことを表し、一日千秋と意味合いは同じです。

国語辞典を引いていると、一日千秋の隣りに興味深い言葉を見つけました。

「一樹の陰一河の流れも他生の縁」(いちじゅのかげ いちがのながれも たしょうのえん)。

見知らぬ人同士が同じ木陰に宿り、同じ川の水を汲むのも、みな前世からの縁であるという意味を表します。袖振り合うも他生の縁、とよく似た言葉ですね。

一日千秋とは、一年の経過を巡り来る秋の季節に感じるのでしょうか。物思いにふける秋にぴったりくる言葉ではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

「意味とはフレーズ表現辞典」は奈良の宿大正楼が運営しております。

日本語、英語、語源などの魅力をご案内致します。

Copyright © 2010-2016
意味とはフレーズ表現辞典 All rights reserved.

※写真の無断転載はご遠慮下さいますよう、お願い申し上げます。

アーカイブ

言葉講座資格コレクション

料理資格と通信講座ガイド

twitter facebook

Facebook サイト管理人

Powered by
Movable Type 3.34
About

2012年07月21日 11:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「金華ぎん」です。

次の投稿は「オオサンショウウオ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。