« 英語で結婚祝いのメッセージ | メイン | Athens »

familiarとintimateの違い

ツイッターをぼんやり眺めていると、intimacy(親密、親交) という単語に出会いました。

元々知っていた単語ではあったんですが、ふと familiar との違いが気になって辞書を引いてみました。

familiar も intimate もどちらも「親しい、精通している」などの意味を持つ形容詞です。

知り合ってから長く打ち解けた間柄を表す familiar は、familiar people at home(故郷の親しい人々)のような使い方をします。

一方の intimate は、愛情・血縁・共通の利害などが基礎となった親しさを表し、非常に親しくて心の底まで打ち明け合うニュアンスが含まれています。親密な商売上の関係などは、an intimate business relation と表現します。

よく似た意味を表す単語の close は intimate に近く、他人の介入を許さないほどの親しさを暗示します。

be on intimate terms with ~、 be on terms of intimacy with ~

どちらも「~と親しい間柄である」というイディオムになります。

気付きを与えて下さった@英検準1級単語さん、この場を借りましてお礼申し上げます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

「意味とはフレーズ表現辞典」は奈良の宿大正楼が運営しております。

日本語、英語、語源などの魅力をご案内致します。

Copyright © 2010-2016
意味とはフレーズ表現辞典 All rights reserved.

※写真の無断転載はご遠慮下さいますよう、お願い申し上げます。

アーカイブ

言葉講座資格コレクション

料理資格と通信講座ガイド

twitter facebook

Facebook サイト管理人

Powered by
Movable Type 3.34
About

2012年07月03日 07:51に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「英語で結婚祝いのメッセージ」です。

次の投稿は「Athens」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。