« アピオスとは | メイン | じゃのめエリカの花言葉 »

盃葉椿とは

盃葉椿(はいばつばき)とは、江戸期から伝わる変わり葉の園芸品種。

葉が盃状にくぼんでいるのが特徴です。

盃葉椿の葉っぱ

盃葉椿の葉っぱ。

確かに盃(さかずき)のように窪んでいますね。

盃葉椿

読み方ですが、「ハイバツバキ」の他にも「サカズキバツバキ」と言うこともあるようです。

葉の先端部が3~5裂に分岐して魚の尾ひれの形状をしている「金魚葉椿」という変わり葉椿もありますが、酒を酌み交わす盃の形に似た葉っぱというのも風流ですよね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

「意味とはフレーズ表現辞典」は奈良の宿大正楼が運営しております。

日本語、英語、語源などの魅力をご案内致します。

Copyright © 2010-2016
意味とはフレーズ表現辞典 All rights reserved.

※写真の無断転載はご遠慮下さいますよう、お願い申し上げます。

アーカイブ

言葉講座資格コレクション

料理資格と通信講座ガイド

twitter facebook

Facebook サイト管理人

Powered by
Movable Type 3.34
About

2012年03月23日 18:53に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「アピオスとは」です。

次の投稿は「じゃのめエリカの花言葉」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。