« 下り藤 | メイン | BTM »

万葉集のあえぬがに

万葉集に「あえぬがに花咲きにけり」という件が出てきます。

あえぬがにとは? その言葉の意味に迫ります。

春日大社神苑の藤の花

春日大社神苑の藤の花。

あえぬがにとは、落ゆ(あゆ)の連用形+完了の助動詞「ぬ」+接続助詞「がに」から成ります。

「あゆ」は落ち散る意味を表し、こぼれ落ちそうなほどに花が咲いている様を「あえぬがに花咲きにけり」と表現しています。

女性のか弱く、はかなげな様を形容動詞「あえかなり」で言い表しますが、これも動詞「落ゆ」との関連が見え隠れします。

「あゆ」という音から、浜崎あゆみを連想する人も多いのではないでしょうか。

第三者の目から見ると、波乱万丈の人生を送っておられるようにも見えるのですが、果たして「あゆ」という語感の為せる業なのでしょうか。勝手な解釈ではありますが、何となくダブって見えてくるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

「意味とはフレーズ表現辞典」は奈良の宿大正楼が運営しております。

日本語、英語、語源などの魅力をご案内致します。

Copyright © 2010-2016
意味とはフレーズ表現辞典 All rights reserved.

※写真の無断転載はご遠慮下さいますよう、お願い申し上げます。

アーカイブ

言葉講座資格コレクション

料理資格と通信講座ガイド

twitter facebook

Facebook サイト管理人

Powered by
Movable Type 3.34
About

2011年04月24日 14:08に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「下り藤」です。

次の投稿は「BTM」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。