« 局地的豪雨で馬の背を分ける | メイン | ロードサイドのハイエナ »

胸に畳む

奥ゆかしい日本語です。

胸の中に仕舞い込んで、お蔵入りにするというか・・・とても美しい言葉だなと思います。

胸に畳む

胸に畳むとは、隠して外へ表さないことを意味します。

心中にそっとしまい込む。

十分に物事を咀嚼し、理解して自分の中だけに畳み込んでおく。

宝物のように大切にする。

胸に畳むという言葉からは、そんなニュアンスが伝わって参ります。

肝に銘じる、とはまた違います。

そんなに刺々しくはないのです。自己主張もしていないのです。

実に静かに、それでいて芯の強い何かを感じさせる響きを持っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

「意味とはフレーズ表現辞典」は奈良の宿大正楼が運営しております。

日本語、英語、語源などの魅力をご案内致します。

Copyright © 2010-2016
意味とはフレーズ表現辞典 All rights reserved.

※写真の無断転載はご遠慮下さいますよう、お願い申し上げます。

アーカイブ

言葉講座資格コレクション

料理資格と通信講座ガイド

twitter facebook

Facebook サイト管理人

Powered by
Movable Type 3.34
About

2010年07月15日 06:44に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「局地的豪雨で馬の背を分ける」です。

次の投稿は「ロードサイドのハイエナ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。