« 虎の尾を踏む | メイン | 蛇が見え隠れするくつな石 »

マッサージ店の名前「楽枕館」

一生の三分の一の時間を枕の上で過ごすとも言われます。

実際には寝返りを打ったりして、決してそのようなことはありませんが(笑)

マッサージ楽枕館

マッサージ楽枕館。

おそらく「らくちんかん」と読むのでしょう。

枕を音読みで「チン」とするのも頷けます。頭を沈めるのが枕(まくら)です。そう、”沈める”の沈(チン)に通じます。

街の中で見かける看板言葉って面白いです(笑)

暇なときは言葉遊びに興じてみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

「意味とはフレーズ表現辞典」は奈良の宿大正楼が運営しております。

日本語、英語、語源などの魅力をご案内致します。

Copyright © 2010-2016
意味とはフレーズ表現辞典 All rights reserved.

※写真の無断転載はご遠慮下さいますよう、お願い申し上げます。

アーカイブ

言葉講座資格コレクション

料理資格と通信講座ガイド

twitter facebook

Facebook サイト管理人

Powered by
Movable Type 3.34
About

2010年07月19日 17:02に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「虎の尾を踏む」です。

次の投稿は「蛇が見え隠れするくつな石」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。