« イラの名前の由来 | メイン | カサゴ(笠子) »

イボダイ(疣鯛)

イボダイの名前の由来は、鰓の後方上部に見られる黒い斑紋にあります。

イボダイに特徴的な黒斑を、灸の跡である「疣生(いぼお)」に見立てたネーミングです。米国産の近縁種が冷凍で輸入されているのを見かけますが、本種のイボダイの旬は夏から初秋にかけてとされます。

イボダイ

イボダイ。

脂の乗った白身はマナガツオにも似ていますが、塩焼きや味噌漬けなどにすると大変美味しく頂けます。暖海性の魚で、北日本で見られることはありません。一般的にはイボダイの名称で通っていますが、関西ではウボゼとも呼ばれています。

イボダイの刺身

新鮮なイボダイはお刺身で頂くこともできます。

そもそも、疣(いぼ)とは突起物を表す言葉ですが、イボダイの黒い斑紋に突起物があるわけではありません。あくまでも平面状の皮膚に黒い斑紋が見られるだけです。

イボダイ

疣で思い出しましたが、カマキリの異称に疣毟(いぼむしり)があります。

カマキリを使って疣を撫でれば、イボが無くなるとの俗説によるものですが、このことからも疣(いぼ)が突起物を表していることが分かりますよね。イボムシリ、イボウジリ、イボジリ等々の呼び名があります。

ねばねばした粘液が体表から出ていれば、新鮮なイボダイとして見分けることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

「意味とはフレーズ表現辞典」は奈良の宿大正楼が運営しております。

日本語、英語、語源などの魅力をご案内致します。

Copyright © 2010-2016
意味とはフレーズ表現辞典 All rights reserved.

※写真の無断転載はご遠慮下さいますよう、お願い申し上げます。

アーカイブ

言葉講座資格コレクション

料理資格と通信講座ガイド

twitter facebook

Facebook サイト管理人

Powered by
Movable Type 3.34
About

2013年11月15日 10:39に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「イラの名前の由来」です。

次の投稿は「カサゴ(笠子)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。